Learn Japanese!

©Masayo Kaseno

Helena Rubinstein and Elisabeth Arden, who create "cosmetic industry" 「化粧品業界」を作ったヘレナ・ルビンスタインとエリザベス・アーデンの話を英語で説明する

J'ai vu ce documentaire à la télévision japonaise💄👗🎬

I saw this documentary on Japanese TV

このドキュメンタリーをBSで見ました。


Helena Rubinstein/Elizabeth Arden - Poudres de guerre - bande annonce

I think many guys just haven’t seen any attractive, curvey girls with wearing no make up and with body hair, because they brainwashed by media. I bet such hairy, non-makeup, curvy and cute girls everywhere in 1920s on this planet. But two enthusiastic girls, Helena Rubinstein from Kraków, Poland, Elisabeth Arden from near Toronto, both were born in very poor families, made it big business by using new things, “movie” in Hollywood. Until then, nobody wore makeup except prostitutes and nobelwomen. However, then people  saw the beautiful actresses with some lipsticks and mascaras on the screens in the movie theaters, they thought they wanted to try. After 1920s, some buisiness people realized that powders and a little liquid (cosmetics) could make big money. Then, they have started scaring girls using advertisements saying “You can't be attractive without our fine lipsticks and mascaras.” 
多くの人は、メディアで洗脳されているので、単純に、「メイクせず、体毛のある、魅力的なポッチャリ女子」を見たことがないのだと思います。 1920年代には、この地球上のどこにでもそのような女性がいたと私は思います。 しかし、2人の野心的な女性、ポーランド・クラクフのヘレナ・ルビンスタイン、トロント近郊のエリザベス・アーデン、(どちらも非常に貧しい家庭の出身)、ハリウッドの新しい「映画」とやらを使って、大企業になりました。 たぶんそれまでは、娼婦と貴族の女性以外、誰も化粧をしていませんでしたが、映画館の大きなスクリーンで口紅とマスカラをした美しい女優を見たら、みんな自分も試してみたいと思いました。それで、「粉と液体(化粧品)は金になる」とビジネスマンたちは気付きました。
そして、広告を使って、女性たちを脅し始めました。「あなたは魅力的じゃない。この素敵なリップとマスカラを使わなければ」と。
Top 20 movies in 1920s


IMDb's Top 20 Films of the 1920s

 

learnjapanese.hateblo.jp

learnjapanese.hateblo.jp

https://www.simplemost.com/1920s-beauty-trends/