Learn Japanese!

©Masayo Kaseno

アフリカ最大生産国であるコートジボワールのカカオ豆生産者の58%は極度の貧困状態。58% of Côte d'Ivoire cocoa bean producers are in extreme poverty

「チョコレート 搾取」で調べてみた。

 

カカオの原産地はブラジルのアマゾン川流域、またはベネズエラのオリノコ川流域。カカオは16世紀にスペインに持ち込まれ、王族の飲み物としてヨーロッパに普及した。1828年にはオランダでココアパウダーが開発され、1875年にはスイスでミルクチョコレートが登場し、現在の形になった。

The origin of cacao is said to be the Amazon River basin in Brazil or the Orinoco River basin in Venezuela. Cacao was brought to Spain in the 16th century and became popular in Europe as a royal drink. Cocoa powder was developed in the Netherlands in 1828, and milk chocolate was introduced in Switzerland in 1875, taking its current form.

 

最大生産国であるコートジボワールで2018年に実施された調査によると、同国で不自由なく生活できる収入を得ている生産者はたった7%にとどまり、58%は極度の貧困状態にあるという結果であった。この状況は隣国ガーナでもそれほど変わらない。

According to a survey conducted in 2018 in Côte d'Ivoire, the largest cacao producer, only 7% of producers earn income to live comfortably in the country, and 58% are in extreme poverty. This situation is not so different in neighboring Ghana.

 

2015年に発表された調査によると、コートジボワールとガーナだけで212万人もの子どもがカカオ豆の生産に携わっており、その5年前に比べて21%も増えている。

According to a 2015 survey, 2.12 million children in Côte d'Ivoire and Ghana alone are involved in the production of cocoa beans, an increase of 21% over five years ago.

 

同様に、ブラジルのカカオ畑でも児童労働が大きな問題として指摘されている。世界のカカオの90%は小規模農園で生産されており、貧困状態にある農園はその家の子どもを労働力として動員せざるを得ない。また、貧困などを理由に子どもが家族から引き離され、人身売買や強制労働に巻き込まれるケースも決して少なくない。 Similarly, child labor has been pointed out as a major problem in Brazilian cacao fields. 90% of the world's cocoa is produced on small plantations, and poor plantations are forced to mobilize their children as a labor force. In addition, there are many cases in which children are separated from their families due to poverty and are involved in trafficking and forced labor.

2001413日に西アフリカのギニア湾で、10歳から14歳の子ども139人を乗せた船が消息を断った事件が報道された。船に乗っていたのは近隣の国から連れて来られた子どもたちで、ベナン(英語ではベニン)からガボンに入り、そこからコートジボワールなどのカカオ農園で働くために売り渡されるところだったという。

報道によると、船は目的地であるガボンの港で上陸を拒否され、ベニンへ引き返したが、船には23人の子どもしか乗っていなかった。処分に困った船長が子どもを投げ捨てたと疑われていたが、真相はわかっていない。このニュースがきっかけで、欧米を中心に労働者として人身売買される子どもがいること、そしてカカオの栽培に児童労働が使われていることが世界中に知れ渡った。

On April 13, 2001, a ship carrying 139 children aged 10 to 14 was reportedly turned down in the Gulf of Guinea in West Africa. It is said that the children on board were brought from neighboring countries and were about to enter Gabon from Benin and be sold from there to work on cocoa plantations such as Côte d'Ivoire.

According to media reports, the ship was denied landing at its destination, Gabon's port, and returned to Benin, but the ship had only 23 children on board. It was suspected that the captain threw the child away into the sea, but the truth is unknown. With this news, it became known all over the world that some children were trafficked as workers, mainly in Europe and the United States, and that child labor was used to grow cacao.

 

世界のチョコレートの売上げの60%をトップ5のメーカー(マース、フェレロ、モンデリーズ、明治、ネスレ)が占めている。

The top five manufacturers (Mars, Ferrero, Mondelez, Meiji, Nestle) account for 60% of the world's chocolate sales.

 

Mars(マース)はm&m,Snickers, MIlky Wayなどで有名。

Mondelez(モンデリーズ)はOREO, TOBLERONE, milkaなどのチョコレート菓子で有名。

マースは生産者の収入や環境に配慮し、児童労働が伴わないカカオを2025年までに100%にすると発表した。

Mars has announced that it will increase cocoa without child labor to 100% by 2025, taking into account the income and environment of producers.

 

一方、明治は特定の目標は設けず、「人権を尊重した適切な労働環境の確保(児童労働・強制労働の監視など)に努めていきます」といった曖昧な表現をウェブサイトで掲載していると同時に、「カカオ農家支援」や、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に「貢献」していると主張している。

The Meiji, on the other hand, does not set specific goals, and at the same time posts ambiguous expressions such as "We will strive to secure an appropriate working environment that respects human rights (monitoring child labor and forced labor, etc.)" on their website. They claims to "support cacao farmers" and "contribute" to the United Nations Sustainable Development Goals (SDGs).

 

日本が輸入する約7割をガーナ産のカカオが占めている。

Ghanaian cacao accounts for about 70% of Japan's imports.

 

日本が輸入するカカオ豆のうち、その25%は森永製菓、25%が明治製菓。

Morinaga & Co. and Meiji Seika import 25% of the cacao beans imported by Japan.

 

ちなみに、アメリカのチョコレート市場でもフェアトレードの市場占有率は1%にも満たない。

By the way, even in the American chocolate market, the market share of fair trade is less than 1%.

さらに、フェアトレード認証があるといっても、実際に「フェア」といえるものにはなっていない場合も多い。フェアトレード認証の基準が甘く、最低価格やプレミアム(奨励金)も安く、フェアトレード認証のカカオ豆を作りながら貧困状態にある生産者は決して少なくない。

Furthermore, even if there is fair trade certification, it is often not actually "fair". Fair Trade certification standards are loose, minimum prices and premiums are low, and many producers remain poor while making Fair Trade certified cocoa beans.

 

カカオ豆の生産地での状況や、貧困問題、児童労働、強制労働、不公平な貿易等に関する内容は10年間で一度も日本では報道されていなかった。

The situation in cocoa bean producing areas, poverty issues, child labor, forced labor, unfair trade, etc. have never been reported in Japan in 10 years.

 

「貧困の克服とは、慈善行為ではない。それは正義の行為だ」。これは南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領が残した言葉である。1,600年前に生きていた聖アウグスティヌスという哲学者も同じような言葉を残している。「正義のない状態では、慈善行為がその代わりにならない」

"Overcoming poverty is not a charity. It is an act of justice." This is a word left by former South African President Nelson Mandela. A philosopher named St. Augustine, who lived 1,600 years ago, has left a similar word. "In the absence of justice, charity is no substitute."

 

「ハッピー・ヴァレンタインデー。」

"Happy Valentine's Day."

 

出典、参考ウェブサイト

チョコレートと児童労働

http://acejapan.org/childlabour/report/chocolate

 

チョコレート:報道されない「ビター」な現実

https://globalnewsview.org/archives/9151

 

アフリカ地図:

https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/jiji/jiji27/

 2019年2月7日